ビニール袋、ポリ袋、ラミ袋、PVC(塩ビ)袋、お気軽にお問い合わせください。 > 製造方法
ポリ袋(ビニール袋、ラミ袋、塩ビ袋)、シール・ラベルの製造方法
【ポリ袋の製造工程】(ポリ袋の製造工程の詳細
ビニール袋、ポリ袋の製造の流れ。

【ラミ袋の製造工程】(ポリ袋とラミ袋の違い
ラミ袋の製造の流れ。

デザイン・版下について
印刷の版を作成するために必要なデザインデータです。このデータをもとに、製版(印刷の版の作成)をいたします。

カラー構成と製版
デザイン作成(版下の作成)が校了後に、製版(印刷の版の作成)をいたします。
製版に関しての詳細は、こちらをご覧ください。

■原反(生地)の作成 ※画像をクリックすると詳細を表示いたします
インフレーション Tダイ法
ポリエチレンとは(インフレーション法) T-ダイ法(フラットダイ法)

印刷工程  ※画像をクリックすると詳細を表示いたします
・印刷の種類についてはこちらをご覧ください。
グラビア印刷

ラミネート加工  ※画像をクリックすると詳細を表示いたします
【ドライラミ方式】
フィルムに接着剤を塗布して、乾燥させ、接着剤中の溶媒を蒸発させ、ドライな状態にしてから被着体となるフィルムを重ねて加熱した状態で接着するラミネート方法。
ドライラミネーター
※ナイロンフィルムなどの裏面に印刷をして、LLDPEなどをナイロンフィルムの裏側に接着をする。

エージング工程(ラミネートを安定させるため)
経時変化を促進する為に、30~40℃の温室内で、一定期間保管します。この工程にて、ラミネートの接着を安定させてから製袋加工工程を行います。

【サンドポリ方式】(上図のドライラミ方式とは異なります)
ラミネートをするための接着剤の変わりに、LLDPEなどを接着剤の代わりに使用するラミネート方式です。ドライラミてに作られたフィルムよりも、出来上がしなやかになります。

製袋加工  ※画像をクリックすると詳細を表示します
製袋加工

■製造方法の詳細
ポリ袋の製造工程の詳細 印刷の種類
ポリ袋とラミ袋の違い グラビア印刷
ポリエチレンとは(インフレーション法) T-ダイ法(フラットダイ法)
デザイン・版下について ラミネート加工(T-ダイ法(フラットダイ法))
カラー構成と製版 製袋加工





エプロケア、特許取得商品、コストダウン、使い捨て、エプロン、介護用、病院、歯磨き、リハビリ用、要介護者用、販売代理店募集中

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.