ビニール袋、ポリ袋、ラミ袋、PVC(塩ビ)袋、お気軽にお問い合わせください。 製造方法> グラビア印刷
グラビア印刷
グラビア印刷
※ポリエチレンのグラビア印刷は、チューブ状またはシート状の紙管巻きまたはカセ巻きで行います。
※印刷原反の供給方向と印刷後の巻き取り方向が同じ場合もあります。

グラビア印刷の概要
主にポリエチレンフィルム(プラスチックフィルム)や美術印刷などに使用されています。

シリンダー(版)をグラビア印刷機の各色のユニット部分に取り付け、インキパン(インキ皿)よりシリンダー(版)にインキを転移し、ドクター(金属の刃)でシリンダー面の余分のインキをかき落とし、凹状のへこみ(セル)に入ったインキをゴムローラーまたはシリコンローラーで圧を上部からかけ、原反(印刷生地)に転移し乾燥します。

インキの乾燥のために、印刷機とは別の温風器より、温風を各色のユニットへ送風してインキを乾燥させる場合もあります。

乾燥したインキ皮膜の上に次々に印刷します。シリンダー(版)は、ピッチ、印刷素材、印刷内容ごとに彫り方が違ってきます。

使用するインキの乾燥性、印刷原反の物性によりスピードは異なります。印刷は、印刷面に一貫して連続印刷を行います。一色づつ個別に印刷をすることは出来ません。

印刷原反をローラーの通し方を反転させシリンダーの回転方向を反転させて、一貫して印刷を行います。

 

※画像をクリックすると詳細が表示されます。
グラビア印刷 凹版 グラビア印刷の詳細
・グラビア印刷は、凹版印刷です。 ・グラビア印刷の詳細図

・シリンダー 印刷の版の事です。詳細はこちらをご覧ください。
・ブロアー エアーを当てて、小さな版の小さなキズによる汚れを消します。エアーを当てることにより、小さな文字や細い線なども消えてしまう事がありますので、十分風量に注意して使用してください。
・ドクター 余分なインキをかき落とします。ドクターの角度とドクターをシリンダーに当てる圧には、十分注意が必要です。

ドクターの形状によっては、刃の部分を耐水ペーパー(紙やすり)800~1000番位を使って磨きが必要な場合もあります。

ドクターの角度は、カラー印刷などの掛け合わせの半調印刷を行う場合は特に、シリンダーに対して斜め に軽くシリンダーに当てるようにセットします。

ドクターをシリンダー(版)に当てる圧が強すぎると「ドクターのかき落とし跡の縦線」が発生したりクロームメッキをしていないシリンダー(銅版)の場合はドクターの傷が発生し易くなります。
・インキ インキには、原反の種類によって大きく分けて、処理用、未処理用、兼用インキがあります。また、耐熱、対油、耐光、コンク(濃い特に白)、マット(滑り止め・光沢は無くなります)のインキなどもあります。
・ファニッシャーロール このロールが、シリンダー(版)と逆回転をしながら、インキパン内のインキを攪拌(かき回し)し、インキの乾燥を防ぎ、ドクター線やインキ汚れを軽減してくれます。有機溶剤を加えた場合にもインキを攪拌して印刷斑(むら)を軽減できます。

このロールには、中に磁石が入っていてシリンダーに密着して、回転をキチントするようにしてある物や、螺旋状の溝がありインキの攪拌をし易くしている物もあります。

グラビア印刷・豆知識
ポリエチレン印刷では、グラビア印刷が一般的です。欧米などでは、グラビア印刷の割合は少なくフレキソ印刷と呼ばれる、凸版印刷が主流との事です。フレキソ印刷は、ハンコやスタンプのような凸版のゴム版のような印刷方法です。扱いやすさやコスト面では優れますが、印刷の精度は落ちてしまいます。
グラビア印刷は、写真画像の印刷に適していることから英語ではphotogravure(フォトグラビア)とも呼び、この方式で刷られたグラビア写真も同様にフォトグラビアと呼ばれる。これが、グラビア印刷の”グラビア”であり雑誌の”グラビア”の所以と言われています。
透明(着色なしのナチュラル原反)のポリエチレンの印刷をする場合は、白ベタを印刷してから白以外の印刷する事が多いです。紙の印刷と違い、”白ベタ”部分が必要となりこれも1色となります。

透明のポリエチレンではなく、白色(乳白)の着色の場合は白ベタを必要としないこともあります。
原反に、白色以外の着色をした場合は、印刷の色が原反の色に影響されてしまう場合があります。
チューブ状のポリエチレンの印刷の場合、シリンダー(版)の一回転(円周)の長さが袋の長さまたは幅になります。
印刷後に、柄ピッチが短くなることがあります。これは、印刷時に原反(生地)にテンション掛けて印刷するため、印刷後に原反が縮んでしまう事が原因です。(テンションが強ければ強いほど、短くなってしまいます)

また、巻き取り機や巻き取り機の手前のピンチローラーの引っ張る強さが強すぎる場合にも、原反流れ方向1000mmで10mm前後の縮みが発生する事があります。

グラビア印刷をする袋を作成る場合は、印刷後に短くなることを考えて、印刷流れ方向に対してある程度大きくシリンダー(版)を作る必要があります。
印刷をしているとインキが濃くなり、粘りが強くなってインキがシリンダー(版)のセルに入らなくなり、印刷が奇麗に上がらなくなるため、有機溶剤を定期的に加えます。

その時に、 インキが部分的に薄くなることを防ぐために少しづつインキをかき回しながら行います。また、インキ循環器などがある場合は、循環時に有機溶剤を加えて調整します。
インキを転写するためのゴムローラー又はシリコンローラーの管理を適切にしないと、「一部分が凹んでしまう」、「ローラーが劣化しひび割れが発生する」、「堅くなって、伸縮性が無くなる」、「平面性が無くなる」などの問題が発生します。

この問題のあるローラーを使用して印刷すると、「一部分印刷できない所がある」「印刷の色が斑(むら)になってしまう」「半調カラー印刷などで色が適切に転写できない」などの印刷不良が発生してしまいます。また、虫食い現象などの発生の原因にもなります。
印刷工場がエアコンなどで「温度」「湿度」が管理されていない場合は、印刷に問題が発生する事があります。「湿度」が高い場合は、インキやシリンダーに湿気が原因で水分が入り込んでしまい、インキの載りが悪くなることがあります。(艶も悪くなる事があります)この場合は、エアコンなどを導入して温度・湿気などを調整して解決をしてください。

温度が低く湿度も低い場合は、静電気の発生が多く印刷の角部分などにヒゲと呼ばれている、インキの汚れが発生する事があります。この場合は、印刷機に静電防止機がついている場合は、それを作動させ、無い場合は、濡れタオルなどで、印刷原反から静電気を逃がすことが大切です。
インフレーションフィルムを印刷する場合は、平面性などが紙などと違いあまりありません。上下左右1mm前後の印刷ズレが発生する事があります。カラーコントロール(カラコン)を使用している印刷機の場合は、印刷ズレを改善できます。

JANコードの印刷などは、JANコードに対して垂直に印刷する場合は大きな問題が発生しないと考えられますが、横方向での印刷には十分注意が必要です。
カラー半調印刷(カラー写真やカラーイラスト)などで、CMYKなどの半調印刷をする場合は、「印刷シリンダー」、「使用インキの種類や状態」、「印刷スピード」、「印刷原反の種類」で印刷上がりが違ってきます。そのため、「印刷の立会い」や「試刷り」等をする必要な場合があります。

「耐光インキ」、「耐油インキ」、「耐熱インキ」、「マットインキ」を使うとそれぞれ印刷上がりの色が、違ってきます。充分このことを考慮してください。

■耐光インキ・・・・・CMYの色の透明度が落ちて濃くなります。
■マットインキ・・・・印刷インキの光沢がなくなります。

マット剤を独自にインキに加えることにより、マットインキにすることが出来ます。CMYなどの掛け合わせ印刷時には、使用しないでください。半調の掛け合わせなどがうまく印刷できません。
メジューム(透明)をコーティングのために最後に印刷をすると、インキの防ぎ光沢を出すことができます。マットメジュームを使うことにより滑り止め効果を出すこともできます。(光沢はなくなります)

このマットメジュームも一色印刷にカウントされます。また、マットメジュームインキをコート印刷した場合は、梨地のような風合いを持たせることもできます。
巻き取り部分に、蛇行修正(ロールガイダー式EPC式)などを装備している印刷機もあります。このEPCを使うと、米袋などで自動パッカーに使用する場合などは、紙管巻き(ボビン巻き・ロール巻き)にする場合に、綺麗に巻き取ることが出来て、印刷後の巻き直し工程が不要となります。
シワ伸ばし機(フラット式エキスパンダー)の装備している印刷機の場合は、ある程度の厚みの斑(むら)がある原反でも綺麗に巻き取ることができます。
スリッター装置を装備している印刷機もあります。この装置を使用すると、チューブ状の原反を印刷と同時に片方をスリットして”片開き”にすることや”両開き”にてシート状に加工をすることが可能です。
詳細についてはお問い合わせください。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.