【文字、ラインの作成、その他注意】(ポリエチレン袋、ラミネート袋の場合)

■【ポリエチレン袋】【ラミネート袋】などは1mm前後の柄ズレが発生してしまいます
(特にポリエチレン袋は柄ズレが発生してしまいます)。

■そのため、【文字】は”60pt”以下の場合は”単色”にて作成してください
(文字の太さによりポイント数が変わってきます。詳細はお問い合わせください。)。

■【ライン(線)】などは、”5mm”以下の場合は、”単色”にて作成してください。

■ポリエチレン、ラミネート袋は「原反(生地)の着色」などをしない限り、透明が基本となります。そのため、基本的に”白ベタの1色印刷”が必要になることが多いです。また、白ベタの上に印刷をしないと印刷色が鮮明に発色しません。
また、小さな文字や線など細かい柄には白ベタを引く事ができません(印刷ズレ、印刷ニゲなどのため。)。

■白ベタ無しにて印刷した場合は、袋の中に入れる商品の色に印刷の色が重なってしまいキチンと発色しません(白ベタがある場合でもある程度は変わってきます。)。

■白ベタ無しで原反に着色をしている場合は、原反着色の色と印刷インキの色が透けてしまい色合いが変わってしまいます。

■単色ではなく半調の掛け合わせなどで、色を作成している場合は印刷時に1~1.5mmのズレの発生があるため、”ニジミ(滲み)やモアレ”などが発生してしまいきれいに印刷できない事があります。

※印刷は、1~1.5mm程度の柄ズレはどうしても発生してしまいます。
柄ズレを考慮して作成お願いいたします。詳細などはお問い合わせください。

※紙関係(パンフレット、チラシ、シール)の場合、このような柄ズレは発生しません。

 



Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.