【原因と対策】
ポリエチレンの製造時(インフレーション加工時)に、付着する事もあります。ポリエチレンの製造は、通常24時間体制で行っています。工場内に虫などが入り込み、ポリエチレンに付着して巻き取られることが多いです。現在は、各メーカーの工場では、窓の完全な密封、灯りはナトリウム灯への変更、インフレーション成膜機を防虫シートで覆う、出入り口の二重扉(インターロック)、などの対処を行ってかなりの改善をしています。

製袋加工にも入り込むこともあります。製袋加工メーカーでは、工場とは別の休憩室、24時間稼動の補虫機、などを行って改善に努力していることが多いです。

虫の異物混入が発生した場合、虫の体液の流れがわかる場合は、ポリエチレンの製造時(インフレーション加工時)と製袋加工時では、流れ方が逆方向になります。虫付着部分をスキャナーで高解像度で取り込み、拡大して確認することで原因追求ができると考えられます。

虫の付着は完全に無くすことは難しくできる限りの改善をしていく以外に方法はないと考えられます。また、製造後に一枚一枚目視による検品を行う事により不良品を最小限にすることができます。その場合は,それ相当のコストがかかります。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.