■ポリ袋が縦に裂けてしまう。

【原因と対策_その1】
HDPEにて頻繁に起こる現象です。ポリエチレンの分子構造とインフレーション方法の違いもあり、HDPEは縦裂けを起こしやすいです。厚みが薄くなれば薄くなるほど、発生しやすくなります。

現在は、縦裂けを防ぐためにダイを回転させて製造していることが多くなりました。これにより、縦裂けは少なくなります。しかし、ダイを回転させると厚みの斑(偏肉)が螺旋状になります。厚みの斑(偏肉)が少ない状態で、ダイを回転させないとカットシール(製袋加工)が行いづらくなります。(螺旋状に偏肉するため)

LLDPE原料をブレンドすることにより縦裂けを軽減することができます。

インフーレション時のブロー比が足りない場合なども縦裂けや耳切れが発生しやすくなります。
【原因と対策_その2】
中に入れる商品に突起部分などが、ある場合はそれが原因となり、縦裂けが起こる場合があります。その場合は、厚みを上げるか原料のブレンドをして調整をしてください。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.