袋の幅が狭く、カット寸法が長い場合は製袋機のゴムローラーがスリップしてしまい、カット寸法まで”原反(生地)が出てこない”ことや”シール下が安定しない”場合があります。シール下寸法が一定にならないということは、袋のカット寸法も一定になりません。

例)HDPE 0.020×150×2000 このように幅に対してカット寸法が長い場合。

これを、改善するにはできるだけ袋の厚みを厚くして、ゴムローラーの圧力がかかるようにすることによりある程度改善できる場合があります。
また、エアーで原反を送り出す方式(フルート機)の製袋機を使用することにより、改善できる場合もありますが、エアーで原反を送り出す方式の機械は、通常は原反が100μ以上の厚みになっていないと対応できません。

通常の製袋機でも、幅を広くすることである程度改善できます。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.