ポリ袋に商品などを入れて、屋外の日光が当たるところに長期間置いておくと、ポリエチレンが劣化して、ポリ袋が”パリパリ”と割れるようになってしまい袋として機能しなくなってしまいます(屋内の蛍光灯などが原因でおこることもあります。)。

”LLDPEのポリ袋の場合は原料の種類を変更する”、”耐光剤を添加する”ことである程度の劣化を遅らせることはできます。LLDPEの原料は、密度が高い原料ほど劣化が遅くなる傾向があります(高密度ほど硬く不透明になります。)。

耐光剤を添加した場合でも、効果が期待できない場合があります。LLDPEのポリ袋の場合は密度の高いLLDPEなどの原料への変更の方が効果があると思います。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.