多くのプラスチックは加熱すると溶け流れ、冷却すると固まりこれを繰り返す事が出来ます。(熱可塑性といいます)

一度固まると熱を加えても溶けて流れない性質を持つプラスチックもあります。(熱硬化性といいます)そのため、ポリエチレンは再生して再利用することが簡単に出来ます。熱可塑性の代表的なプラスチックとしては、下記のものがあります。

・ポリエチレン、・ポリプロピレン、・ポリスチレン、ポリ塩化ビニル、ポリエチレンは、フィルム状にて包装材料として利用されるほかバケツや洗剤ボトルなどの容器等にも使われています。ポリエチレンの原料は、色々な種類(グレード)があり用途により色々な種類の原料を使用しています。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.