ポリエチレンは、インフレーション法にて製造することが多いです。インフレーション法は、エアーで風船のように膨らませて巻き取る製造方法のため、製造時の設定の厚みに対して、ある程度の厚みの斑(むら)が発生してしまいます。この厚みの斑の事を”偏肉”と言われています。

ポリエチレンに関するJIS規格でも、ある程度の厚みの斑(むら)に関して、誤差の許容範囲として、明記されています。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.