成形品に難燃性を付与する難燃剤で、ノンハロゲンタイプが一般的に使われています。

ハロゲン系難燃剤は、発煙性やダイオキシン等の有害物質の発生が懸念されているため、ノンハロゲンタイプの窒素化合物であるメラニン系難燃剤を使用されることが多いです。(ノンハロゲンは燃えた時に煙の発生がありません)

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.