ラミネート袋の場合は、シール(熱溶着部分)の余白が必要な場合があります。シール幅は5mmまたは10mmになります。

内容物が軽い場合は、シール部分にも印刷が入っていてもシール強度があまり必要ではない為、問題が無いのですが、内容物が重たい場合には、シール強度が必要になるため、シール部分に印刷が入り込んでいない部分がある程度必要になります。(印刷インキがシール部分に入り込むとシール強度が低下します)
"合掌(背張り)シール"の場合は、シール部分が下部と袋の裏面になる形状(ポテトチップスの袋など)なので、その形状に合わせたデザイン作成をお願いします。詳細はお問い合わせください。
ポリ袋の透明部分(余白など)は「ブラック20%~30%位のブラックまたはシアン」で指定してください。(例:透明部分)

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.