【原因と対策】

原反を着色する場合には、添加するカラーパッチの”移行性(色が移ってしまう)”、”シール性(熱溶着)”などを確認してカラーバッチを選択してください。着色した添加剤により、熱シール特性が悪くなることや袋に入れた商品に着色剤が移行してしまい、大きな問題になったりします。原反の着色には、十分注意して行ってください。

仕様用途に合った、原料構成にて作成しないと色々な問題が発生することがあります。
(米袋、肥料袋、水物用袋、薬品用袋、各種食品用など)

袋の強度などは、内容物とその形状や使用方法などにより多く変わります。また、袋の大きさと厚みなどだけでは、一概に強度は比例いたしません。袋の厚み、原料(材質)など詳しくはお問い合わせください。

※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.