シール部分が汚れている。

【原因と対策_その1】
製袋機のシリコンロールやゴムローラーの汚れがシールバーに付着して、熱シール部分が汚れてしまうことが多いです。また、印刷をしている袋の場合は印刷したインキが剥がれて製袋機(カットシール機)に付着して、熱シール工程にて袋に付着する事もあります。

また、「HDの厚いフィルムやチューブ」「未処理インキ」「兼用インキ」などの場合も、インキが剥がれやすくなります。

シリコンロールやゴムロールの汚れが原因の場合は、製袋機の清掃を徹底する以外には、改善方法はないと思われます。
【原因と対策_その2】
”シール汚れ”などを取り除くには、製袋加工後に「全品検品」をおすすめいたします。

※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.