2段打ちの製袋機(上下で2枚の原反を加工してワンショットで2枚の加工をする製袋機)で製袋したボトムシールの場合に発生する場合がある。

2段打ちの製袋機の場合、上下ののシールバーが上下に動く長さが違うため、シールバーの上下の動きが大きい方(通常は2段シールの上部と思われる)がシールバーがゴムロールまたはシリコンロールへ圧着して熱シールをする場合の平行が悪くエッジ切れの発生する場合がある。

また、シール圧(ゴムロールまたはシリコンロールへの圧)が上下で変わってしまう事がありシール不良が発生する場合がある。

2段打ちの製袋機の場合は、上記の理由より一枚おきに不良が発生することがあります。

上下のシール調整を十分調整して製袋加工を行うことが重要と考えられます 。


※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.