LLDPE、PPの単層のチャック付きの袋で、チャック部分にシワが発生している場合があります。LLDPE、PP単層のチャック付き袋には、「チャック部分を袋部分を一体成型の袋」と「チャック部分を後から付けている袋」の加工方法の袋があります。

単層のフィルムに熱溶着にて、チャック部分を付けている「チャック部分を後から付けている袋」の場合は、チャックを熱溶着した時に袋部分が熱で収縮して、シワが発生してしまう事があります。

単層のフィルムでは無いラミネートフィルムなどのチャック付き袋の場合は、チャック部分を後から熱溶着にて溶着しているのですが、表面のフィルムがナイロンなどの耐熱フィルムが多いためシワの発生が無いことが多いです。

そのため、単層のフィルムのチャック付き袋の製造に関しては、業者へシワの発生などを確認してから行う方が良いかと思われます。


※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.