ポリエチレンの原反(生地)の製造時に、コロナ放電処理をしている場合に「処理の出力が強すぎる」「処理バーが原反に近すぎる」などの原因で、原反に貫通した穴や細かい点々の後が発生する。(厚みが薄い袋の場合)

改善方法は、インフレーション時のコロナ放電処理を行う時に、十分「処理の出力」や「処理バーの位置(製造原反の厚みに合わせた位置)」に調整することで改善できると思われます。


※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.