弊社での統計にての見解になりますが、チューブ原反の場合のロス率は下記の内容になります。

※印刷でのロス:印刷色数1色毎に1%。(8色印刷の場合は8%のロス)
※製袋加工のロス:2%

上記のロス率になると考えられます。原反の余尺(よじゃく=多く巻いている数量)は、1から3%になると思います。

原反製造時に余尺を2%程度多く作っている原反の場合原反製造後に2%程度、原反が縮んでしまうため 余尺2%程度の場合は、製袋加工時のロス2%分、出来上がり数量が少なくなってしまいます。


※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。
Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.