印刷時する原反(生地)に”静電気”が多いと、インキが放射状または跳ねたようになってしまいます。その跳ねた感じが”ヒゲ”に似ているので、通常”ヒゲ汚れ”ともいわれます。

この汚れは、印刷柄の角などに発生することが多く、印刷時に”静電気除去装置”を的確に使用していれば、発生しないと思われます。

簡易的には、タオルなどを湿らせて静電気を除去しながら印刷することでも、ある程度改善できます。

※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.