【印刷時の原反へのテンション(引っ張り)が強いことが原因です】

LDPEまたはLLDPEので、70~120ミクロン前後では、1000mmで10mm程度短くなる場合もあります。印刷時に、原反へのテンションが強いと原反が縮んでしまいます。また、印刷時には、ある程度のテンションも必要なため、数ミリ程度の縮みが発生することを含めて、シリンダーサイズを考える必要があります。(例えば、500ピッチの袋の場合501mm前後にて版をつくる)

また、紙管巻きでお米などのパッカーなどで使う場合は、機械にかけて使用すると紙管巻きのテンションが緩んだ時点で、縮むこともあります。(巻きが強すぎる場合)
【対策】

・グラビア印刷時のテンションをできる限り少なくすること。
・ピンチローラー等で、印刷の回転数に合った一定のテンションに保つ。

※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.