シール部分が剥がれてしまう不良品。

【原因と対策_その1】
製袋機(カット・シール機)の熱シール温度の調整と、製袋スピードが適正でないために起こる。適正な温度とスピードで加工をすることで改善できると思います。

また、一部が剥がれている場合などは、「シールバーが平行に降りてきていない」、「シールバーを受け止めるシリコンロール(ゴムロール)の平行が取れていない」、「シリコンロール(ゴムロール)が劣化しヒビ割れなどがある」、「加工開始時の暖機運転が不十分で、シールバーの温度にムラがある」事などが原因とも考えられます。

その場合は、シールバーの調整とシリコンロール(ゴムロール)を削りに出して平行とヒビ割れを改善することで解消できます。
【原因と対策_その2】
ポリエチレンに印刷などのインキを剥がれなくするために、「コロナ放電処理(以下処理とします)」をした物があります。処理がポリエチレンの厚さにや製造スピードに対して、強すぎる場合や処理を行う時に空気が入ってしまったりした場合にも「処理抜け(裏まで処理されてしまう)」という不良により、熱シールが剥がれることがあります。

この場合、一度シールはつくのですがある程度時間が経つとシールが剥がれてしまいます(根本的に処理面と処理面はヒートシールできません)。
このような、ポリエチレンは同一ロットの物は使わず、処理抜けのしていない物と入れ替えるしか対処の方法がないと考えられます。
【原因と対策_その3】
ポリエチレンの厚みが100μ(0.100mm)以上のの袋は重袋(重たい物をいれる袋)と言う分類になります。重袋では、重袋用のシールの出来る重袋用製袋機でシールをする必要があります(シールバーが上下にから熱を加えるシール方法)。

※ご不明な点やお見積もり依頼など、お気軽にお問い合わせください。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.