ビニール袋、ポリ袋、ラミ袋、PVC(塩ビ)袋、お気軽にお問い合わせください。 製造方法 >T-ダイ法(フラットダイ法)
T-ダイ法(フラットダイ法)※シート形状に成形するフィルム製造方法です。

Tダイ法 イラスト 文字通り、T字型のダイによりシート形状でフィルムを作る方法です。解けたポリエチレン原料を、細い直線状の隙間(フラットダイとも言われます)から押し出してフィルム(シート)を作ります。
フィルムの厚みをリップ(フィルムが出る部分)の開口幅やチョークと呼ばれる弁で簡単に調整できます。

T-ダイ法は、インフレーション法と違いシート状にて製造するため、厚みの斑(むら)が少なく平面性が良い、フラットなフィルムの製造ができます。
フィルムをスリットしながら、紙巻に巻き取り一度に数本分を製造する事もできます。
ラミネート袋(三方、背張り(合掌))を作る場合は、通常この方式で製造したフィルムを使用します。

◆ 製造するフィルムの種類について(フィルム種類の例)
OPPやCPP、ラミネート使用するフィルム、ストレッチフィルムなどの製造に使用されています
OPP 二軸延伸ポリプロピレン(オリエンテッドポリプロピレン)
CPP 無延伸ポリプロピレン(キャストポリプロピレン)
CNY 無延伸ナイロンフィルム
PA ポリアミドの種類にナイロンが分類されるため。二軸延伸ナイロン(ONY)
PET 二軸延伸ポリエステルフィルム(ポリエチレン テレフタレート)

※ 【フィルム製造後にラミネートをする場合
ドライラミネート Tダイ法により、製造したフィルムに印刷をして、ドライラミネートをする場合は、左の図のような機械を使用します。

※ 【フィルム製造時にラミネートをする場合
ダイレクト ラミネート Tダイより押し出されたフィルムに、紙、樹脂、アルミ箔などの基材に、熱圧着してラミネートフィルムを製造する方法です。

Copyright:(C) 2001 Matsumura Corporation Rights Reserved.